Lesson31 為替 Part3



 

お兄ちゃん、前の回で為替レートの話が出てきたね。
そもそも、この為替レートはどうやって決まるの?

  
 

これまでハナちゃんが学んできた株式や債券と同じように、
一言で言えば、需要と供給が為替レートを動かしているよ。

 

需要と供給・・・。
円を買いたい人たちや、反対に円を売りたい人たちがいて、
その人たちの動きが為替レートを動かしているってことね。

   





外国為替②



為替レート:円高と円安について


いよいよ、「円高」と「円安」について説明するよ。


前回のハナちゃんのケースであれば、ハナちゃんは円をユーロに換えたい。その反対に、ユーロを円に換えたい人がいる。
         外国為替も株式や債券と同様に、人気があればその価値は上がるし、人気がなければ下がる傾向にあるよ。

「円高」とは「(交換する対象の通貨に対して)円の価値が上昇する(くなる)」こと、「円安」はその反対で
         「(交換する対象の通貨に対して)円の価値が下落する(くなる)」ことを意味しているんだ。

ハナちゃんのようにユーロを欲しい人が沢山いれば、ユーロを持っている人はユーロと円の交換比率を自分にとって有利となる
         ような比率で交換できるようになる、つまり、ユーロの価値が上がって円の価値が下がる(円安/ユーロ高)ということになるんだ。



上の図はあくまでイメージだけれど、昨日1ユーロ=125円で交換できても、今日円を買いたい人が増えて円高(ユーロ安)に
          なれば、123円で1ユーロに交換(2円の円高)できるし、反対に円安になれば、127円出さないと1ユーロが手に入らない
         (2円の円安)ということなんだ。

※上記説明には金融機関等での手数料等は含んでいません。


ワンダフル・マネースクールのトップに戻る

※「ワンダフル・マネースクール」のPDFは以下よりダウンロードが可能です。

 

PDF資料ダウンロードサービスについて

本ウェブサイトでは、当社が設定・運用する投資信託の投資信託説明書(交付目論見書・請求目論見書)、販売用資料、月報などをダウンロードすることができます。


■当サイトは、ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社により情報提供を目的として作成されたものです。■詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご参照ください。 投資信託のお申込みに当たっては、販売会社より投資信託説明書(交付目論見書)をお渡しいたしますので、必ず内容をご確認の上、ご自身で判断して下さい。■当サイト記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。データ等参考情報は信頼できる情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。■当サイト記載の情報および過去の運用実績は将来の運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。■投資信託は、株式、公社債などの値動きのある証券(外貨建資産には為替変動リスクもあります)に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、元本が保証されるものではありません。投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入のお客さまに帰属します。■投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。■投資信託は、預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護の対象にはなりません。■登録金融機関を通してご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。■当サイトに関する著作権は全てドイチェ・アセット・マネジメント株式会社に属しますので無断転載、無断使用を禁じます。

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】