ジュニアNISAとは?



少子高齢化が進む日本では、一人当たりにかける教育費は年々増加しています。(OECD調べより)
仮に、幼稚園から大学まで全て国公立に通った場合でも、教育費は総額1,000万円を超えてきます。さらに全て私立に通った場合には、約2,588万円となり(大学は理系に進学)家計にとっても、大きな負担となってくるといえるでしょう。


しかし、日本銀行のマイナス金利政策の決定を受けて、教育資金の受け皿として人気のある「学資保険」や「定期預金」などの利回りにも影響が出てきており、現状でもゼロに近い金利水準が一段と下がる可能性もありそうです。



このような状況では、教育資金を十分にためるのは難しいかもしれません。 たとえばお子様の教育資金として0歳から18歳までの間に、毎月30,000円を積立投資していくと仮定し、利回りが年0.016%と 年3%の場合を比較してみましょう。18歳になった時の総額でも約200万円の違いが出てきます。

お子様が小さいうちから、時間を味方につけ複利効果を活かして毎月コツコツ積立てることで、大学入学時など教育資金が必要になったときの資金作りが可能になりそうですね。さらに、ジュニアNISA口座を活用して、非課税メリットを受ける事でより効果的な教育資金作りを目指すことが出来ますね!


Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】