ドイチェ・ETFアロケーション・ファンド (愛称:プラチナラップ)

資産の分散と選べるタイプ資産の分散と選べるタイプ

~資産の分散~

◆当ファンドは、上場投資信託証券(ETF)を主要投資対象とし、世界中の様々な資産に投資しています。

●資産クラス毎にパフォーマンスは異なり、変動が大きい資産クラスもあります。
●ETF*を通じて実質的に様々な資産クラスに分散投資を行うことで、効率的なリターンの確保が期待されます。

*ETFとは、Exchange Traded Fundsの略称で、金融商品取引所に上場されている投資信託です。ETFによっては、日本国内の一般の投資者が証券会社を通じて直接購入することができるものがあります。なお、直接購入される場合、売買委託手数料等(証券会社毎に異なります。)がかかります。


出所:Bloomberg、シティグループのデータを基にドイチェ・アセット・マネジメント(株)が作成
※2017年は10月末までの騰落率。
※先進国株式はMSCIワールド・インデックス、新興国株式はMSCI EMインデックス、先進国国債はシティ世界国債インデックス、新興国国債はJPモルガンEMBIグローバル、コモディティはDeutsche Bank Commodity Booster-Bloomberg USD Indexを使用、いずれも米ドルベース。



~選べるタイプ~

◆「安定型」と「成長型」があります。
◆どちらも、市場環境に応じて資産配分を機動的に変更します。


※上記はイメージ図であり、実際の運用とは異なります。



<為替ヘッジに伴うリスクについて>
ヘッジ対象資産に対して100%為替ヘッジを行えない場合があり、この場合100%為替ヘッジを行った場合と比較してヘッジプレミアムを十分享受できなかったり、為替変動の影響を受ける可能性があります。


※上記はイメージ図であり、実際の運用とは異なります。




安定型の特徴

◆安定型では、投資対象資産の組入比率を機動的に変更することで信託財産の中長期的な成長と、短期的な基準価額の下落を概ね一定水準(下値目安)*に抑えることを目指します。
◆原則として、下値目安は3カ月に一度の基準日における基準価額の-3%程度の水準とします。


*当該水準は、運用者の判断により今後予告なしに変更される場合があります。基準日は原則として毎年3月、6月、 9月、12月の最終営業日とします。
※下値目安はあくまでも運用上の目安であり、基準価額が当該水準を下回った場合でも、運用者の裁量により、信託財産の中長期的な成長を優先した資産配分が行われることがあります。市場環境及び資金動向等によっては、基準価額が下値目安を大きく下回る場合があります。
※基準価額が下値目安を下回らないことを保証もしくは示唆するものではありません。
※上記はイメージ図であり、実際の運用とは異なります。


※低リスク資産とは短期金融資産や債券等、変動幅が比較的小さいと考えられる資産クラスです。高リスク資産とは株式等、変動幅が比較的大きいと考えられる資産クラスです。
※上記の資産クラスは一例であり、必ずしも実際のリスクの程度と一致しない場合があります。
※上記はイメージ図であり、実際の運用とは異なります。




機動的な調整

◆当ファンドは、投資環境に応じて、資産の配分を機動的に変更します。


※分配金込基準価額は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しております。ただし、設定来の分配金が0円のファンドにつきましては基準価額と重なって表示されております。
※基準価額の推移は、信託報酬控除後の価額を表示しております。過去の運用実績は将来の運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。




※分配金込基準価額は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しております。ただし、設定来の分配金が0円のファンドにつきましては基準価額と重なって表示されております。
※基準価額の推移は、信託報酬控除後の価額を表示しております。過去の運用実績は将来の運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。



低コスト

◆当ファンドは、ETFを主要投資対象とするころで、運用コストの低減を図ります。


*「CIOビュー」とは、ドイチェ・アセット・マネジメントの運用プラットフォーム全体を統括するチーフ・インベストメント・オフィスの策定するドイチェ・アセット・マネジメントのグローバル投資見通しのことです。




くわしい商品情報は以下よりご確認いただけます。
  • ドイチェ・ETFアロケーション・ファンド(安定型) 愛称:プラチナラップ(安定型) 
  • ドイチェ・ETFアロケーション・ファンド(成長型) 愛称:プラチナラップ(成長型) 


  • Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
    加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
    一般社団法人第二種金融商品取引業協会
    【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】