動画コンテンツ

2022年9月 CIO View 中央銀行は世界のインフレを抑制することができるか?~2022年第3四半期~

賃金と家賃は硬直性があり、来年もインフレ率が高水準を維持するものとみられます。景気が減速しても、中央銀行はインフレ期待を引き下げる努力をやめないでしょう。

2022/09/15 15:30:00 | 06:07分
このページを評価する

当サイトは、情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品の推奨や投資勧誘を目的としたものではありません。当サイトは、信頼できる情報をもとにドイチェ・アセット・マネジメント株式会社が作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。当サイト記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。

  • コメントはありません。

動画の検索

おすすめはこちら

債券に再び投資妙味が出てきたのか?

債券投資家は今年特に大きな損失に見舞われました。それはなぜでしょうか。そして、今後の見通しはどうでしょうか。

2022/11/15 23:30:00 02:31分

二桁台のインフレ、次は何が起きるのか?

欧州ではインフレ率が二桁台になりました。どうしてこのようなことになったのでしょうか? そして、なぜ投資家は現実を直視しようとしないのでしょうか?

2022/11/04 13:46:38 02:41分

米国における不動産投資物件のご紹介

DWSが運用する「米国コア不動産エクイティ戦略」にて保有する物件の一部をご紹介をいたします。

2022/11/01 0:02:06 04:27分

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】