動画コンテンツ

欧州エネルギー危機

チーフ・エコノミスト(欧州) マーティン・モリソン

2022/07/06 9:10:25 | 02:56分
このページを評価する

投資信託のお申込みに関しては、下記の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身の責任においてなさいますようお願い申し上げます。 当資料はドイチェ・アセット・マネジメント株式会社が作成した資料です。 当資料記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。データ等参考情報は信頼できる情報をもとに作成しておりますが、正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。 当資料記載の内容は将来の運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。 投資信託は、株式、公社債などの値動きのある証券(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、元本が保証されるものではありません。投資信託の運用による損益は、すべて投資信託をご購入のお客様に帰属します。 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本及び利息の保証はありません。 投資信託は、預金または保険契約ではないため、預金保険及び保険契約者保護機構の保護の対象にはなりません。 登録金融機関を通じてご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。 ご購入に際しては、販売会社より最新の投資信託説明書(交付目論見書)をお渡ししますので、必ず内容をご確認の上、ご自身で判断して下さい。

  • コメントはありません。

動画の検索

おすすめはこちら

CIO View 中央銀行は世界のインフレを抑制することができるか?~2022年第3四半期~

賃金と家賃は硬直性があり、来年もインフレ率が高水準を維持するものとみられます。景気が減速しても、中央銀行はインフレ期待を引き下げる努力をやめないでしょう。

2022/09/15 15:30:00 06:07分

ロシア産天然ガスの供給停止と現在の対応

多くの人が恐れていた通り、現在、ノルドストリーム1経由の天然ガス供給が停止されています。供給が再開されるかどうかは非常に不透明です。これにより欧州はどう対応するのでしょうか。

2022/09/13 22:57:50 02:43分

景気後退を視野に入れるべきか?

インフレとの戦いが最優先事項であっても、市場は来年早々にも米国が利下げに転換することを期待しています。欧州については、景気後退が迫っているにも関わらず、ECBがあえて利上げにブレーキをかけることはないと市場は見ています。

2022/09/01 2:07:08 02:24分

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】