2016年12月9日

ECB理事会

・欧州中央銀行(以下、ECB)は2016年12月8日の理事会で資産買い入れプログラムの規模を2017年4月より月額800億ユーロから600億ユーロに減額すると発表しましたが、これはテーパリング(継続的な量的金融緩和の規模縮小)には当たりません。
・市場は今回の決定を無難に消化できるものと考えています。

資産買い入れプログラムの規模縮小

課題を解決するために継続的な対応を行う上での注意点は、その手段が不足することです。 これは、まさに欧州中央銀行(ECB)が現在直面している状況に類似しているようにも思われます。今回のECBの決定は、手段を提供するという面で、市場が期待していた早めのクリスマスプレゼントとも見受けられます。

ECBは量的金融緩和策である資産買い入れプログラムの期間を2017年9月までとしていた市場予想よりも長く延長することを決定しました。ECBは、「必要に応じて、2017年12月末まで、あるいはそれ以降も」量的金融緩和策を継続し、加えて、その間金融情勢の悪化等により、景気見通しが悪化した場合には「規模や期間についてプログラムを修正する」と、金融政策変更の可能性というドアを大きく開けたままにしています。

しかしながら、資産買い入れプログラムの規模については2017年4月以降、毎月800億ユーロから600億ユーロに減額することをあわせて決定しました。記者会見で、ドラギECB総裁は、「今回の決定は多くの賛同を得られたものであり、またテーパリング(継続的な量的金融緩和の規模縮小)については議論していない」と述べ、市場に安心感を与えようとしています。これは来年に大統領選挙を控えるフランスや、政治的混乱が生じているイタリア等の状況を受け、ECBは今後も緩和姿勢を継続するというメッセージを表明したものと考えられます。

もちろん、2017年12月までには時間がまだまだあります。 ECBによるインフレ率予想は僅かながら下方修正され、2017年には1.3%(原油価格の上昇が大きく寄与)、またドラギ総裁が退任する2019年においても1.7%に留まると予想されています。この点に対しドラギ総裁は、「1.7%は2%の政策目標に達しておらず、ECBは目標達成のためにより多くの対策を行う必要がある」と述べています。2017年9月のドイツの総選挙を見据え、ECBは来年、その言動や予測を更新する機会を豊富に用意しています。

この間、投資家が留意すべき点として以下3点が挙げられます。
第一に、ECBの資産買い入れプログラムにおけるいくつかの重要な変更を見逃してはならないということです。買い入れ対象債券の残存期間の下限は2年から1年に短縮され、預金金利を下回る利回りを有する債券の購入が可能となりました。このことは、ECBが買い入れ対象が不足するとの懸念を示しているとも考えられます。今後も資産買い入れプログラムを継続していくためにも、ドラギ総裁は月額の買い入れ額を減額する必要があったものとも考えられます。なお、それでも買い入れ対象が不足した場合には、ドラギ総裁は債券の発行体の範囲を拡大すると過去に発言しています。

第二に、ECBは更なる金融緩和が必要な場合、その緩和策を提供できる、つまりは強化できるということです。しかし、金融緩和策の強化がもたらすマイナス面を考えると、その策はより緩やか、且つ段階的なものになると考えられます。

第三に、恐らく最も重要な点として、ECBが追加金融緩和策を決定した2016年3月以降、世界情勢は変化を遂げているということです。ドラギ総裁が資産買い入れプログラムの規模を600億ユーロに減額することを発表する際に強調したようにデフレ懸念は後退しており、また米国では次期大統領が選出されました。

市場は、英国がEUからの離脱を決定して以降、特に前回(2016年10月20日)のECB理事会以降、堅調に推移しています。

・ドイツ10年国債利回りは約0.33%上昇し、プラスの水準となりました。
・米国10年国債利回りは約0.6%上昇しました。
・中期的なインフレ期待は米国では約0.37%、ユーロ圏では約0.25%上昇しました(5年先5年物の平均予想)。
・スペイン国債のスプレッドに大きな変化が見られない中、イタリア国債のスプレッドは国民投票後、約0.13%拡大しました。
・欧州投資適格債券市場及び欧州ハイ・イールド債券市場のスプレッドはそれぞれ0.41%、0.35%拡大しました。
・市場変動性が高い中、ユーロは対米ドルで約1.5%ユーロ安に進みました。
・米国2年国債とドイツ2年国債の金利差は約16年ぶりの水準まで拡大し、そのことが米ドル高の下支えとなっている模様です。

ECBの声明文によると、ユーロ圏のソブリン債の利回りは2016年中は低水準で推移し、また2017年もその傾向が続くということを示唆していると見られます。ECBの資産買い入れプログラムは減額はされるものの、その期間は延長されました。そのため、我々は2017年のドイツ10年国債利回りを0.6%に、また米国10年国債利回りを2.5%にと予想を据え置きました。加えて、ユーロ/米ドル相場についてはパリティ(等価)となると予想しています。

当レポートのPDFはこちら
その他のCIOビューレポートはこちら

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】