MLP投資の3つのポイント




「米国MLPファンド(毎月分配型)」は、エネルギー関連事業等に投資するMLP(マスター・リミテッド・パートナーシップ)を主要投資対象とするファンドです。

膨大なシェールガス・オイルの埋蔵量が確認されている米国で、「シェール革命」の恩恵を長期的に享受することが期待される「MLP」。
では、そもそもMLPとはどのようなもので、どのような特徴を持っているのでしょうか?
3つの投資ポイントを挙げながら、詳しくご紹介します!

  • MLPは「マスター・リミテッド・パートナーシップ」の略称であり、米国で行われている共同投資事業形態の1つです。
  • エネルギーインフラへの投資促進を目的として、1980年代に米国で誕生し、その後発展してきました。

  • 総所得の90%以上を天然資源の探査・採掘・精製・運搬・備蓄等から得ていることが、MLPの要件です。
  • 上記の要件を満たすと、原則として法人税が免除されることになっています。
  • 金融商品取引所(ニューヨーク証券取引所、ナスダック等)で取引されています。

  • エネルギー関連事業は、川上(探査、開発、採掘)・川中(精製、備蓄、輸送)・川下(卸売、小売)に分けられます。
  • これらのうち、MLPは主に川中事業に投資します。川中事業は、資源価格や景気に左右されにくいという特性があります。

※データは記載時点のものであり、将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。


出所:NAPTP(米国公開取引パートナーシップ協会)のデータを基にドイチェ・アセット・
マネジメント(株)が作成
※データはNAPTP公表の全上場銘柄の時価総額の合計値と銘柄数。

出所:Bloomberg、Citigroupのデータを基にドイチェ・アセット・マネジメント(株)が作成

出所:Bloomberg、Citigroupのデータを基にドイチェ・アセット・マネジメント(株)が作成

*これらのデータは下記の各指数に基づき算出したものであり、「米国MLPファンド(毎月分配型)」の実際の数値とは異なります。
また、同ファンドの将来の運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。

※データは記載時点のものであり、将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】