さらに詳しく! 「DWS コモディティ戦略ファンド」特集サイト

 コモディティに投資する3つの魅力

1.インフレに強い資産

コモディティは実物資産であり、物価上昇分が価格に転嫁されることで、インフレ時に堅調に推移する資産と一般的に言われています。

米国における過去の財政赤字拡大期からの考察

ITバブル崩壊やリーマンショック等、景気が悪化した後には、景気対策のための財政出動により、米国の財政赤字は拡大し長期金利は上昇しました。
2020年4月、米国は新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を抑制する対策として、大規模な財政政策を相次いで発表しました。 2020年の米国の財政赤字は過去最大規模に拡大する見込みであることから、今後金利が上昇し、インフレ率の上昇につながると予想されます。


2.パフォーマンスの独自性

コモディティは需給や天候などといった実物資産ならではの要因で価格が変動します。そのため、コモディティは株式や債券などの伝統的資産の値動きとの相関が低く、コモディティ価格は伝統的資産の値動きにはあまり影響を受けません。 ただし、コモディティ価格はその値動きの大きさを示すボラティリティが高く、下落時の下落幅が比較的大きいことには注意が必要です。





3.需給バランス 需要の拡大&供給の減少

◆需要面
コモディティ市場はエネルギー類、農産物類、産業金属類、貴金属類、畜産物類といった様々なセクターで構成され、各セクターにおいても細かい品目に分かれており分散された市場となっています。新興国を中心に世界的な人口増加が予想される中、コモディティ全体の消費が拡大し、中長期的に価格が上昇すると見込まれます。

電気自動車(EV)などの新しい技術もコモディティに対する新たな需要を生み出しています。電気自動車のバッテリーを製造する際は銅やアルミニウム、ニッケルなどの多くの金属が必要となり、今後その需要は飛躍的に伸びると予想されます。(下図参照)



◆供給面
需要面での拡大が見込まれる一方、供給面では足元のエネルギー、金属・鉱業関連企業の設備投資(資本的支出)は過去に比べ低水準にとどまっています。これは、2014年末以降原油価格が低迷したことや、2015年から中国が取り組んでいる経済構造改革により過剰設備を抑制したことで、特に産業金属に対する需要が減少すると予想されたことから、これら関連企業は過去数年間、設備投資に非常に消極的だったことが要因です。このような背景により生産量を増やせる環境になく、また今後の生産量の増加も期待できないことから、需給バランスにゆがみが生じコモディティ価格の上昇につながると考えられます。(下図参照)





 コモディティ市場の概要

コモディティ(商品)市場はエネルギー類、農産物類、産業金属類、貴金属類、畜産物類といった様々なセクターで構成されています。また、各セクターにおいても細かい品目に分かれるなど、分散された市場となっています。

※コモディティ市場を示す指標としてBloomberg Commodity Index Total Returnを使用します。



 DWS コモディティ戦略ファンドの3つの強み

当ファンドはアクティブ運用でコモディティ全体に幅広く投資する数少ない商品の1つです。以下の3つの強みが、コモディティ市場全体を上回るパフォーマンスを下支えします。



1.コモディティ市場全体の動向を捉え、過度な下落を抑制

コモディティ市場のトレンド(強気/弱気)を捉え、その判断に応じてコモディティへの投資割合を調整します。つまり、コモディティ市場が強気局面の場合には投資割合を増やすことでコモディティの上昇を享受し、弱気局面の場合には投資割合を減らすことで、コモディティ下落の影響の低減を図ります。
※当ファンドの主要投資対象は「DWS インベスト エンハンスト・コモディティ・ストラテジー」となります。



具体的には、エネルギー類・貴金属類・産業金属類のウェイトをベンチマークウェイトの50-100%の間で調整します。なお、畜産物類・農産物類についてはESG(環境、社会、ガバナンス)の観点から、先物取引により実際の食品市場の価格に影響が及ぶことを避けるため、ベンチマーク並みのウェイトを維持します。



2.各コモディティの分析により、コモディティ市場全体を上回る運用成果を追求

コモディティはその種類ごとに価格変動要因が異なるため、種類ごとに価格の推移は異なります。当ファンドの主要投資対象である「DWS インベスト エンハンスト・コモディティ・ストラテジー」はコモディティ市場の方向性を捉えるだけでなく、テクニカル指標やファンダメンタル分析などを通じて各コモディティの割合を調整します。

例えば、テクニカル指標の場合、原油と金などといった流動性の高いコモディティについて、それぞれテクニカル指標を利用し、ウェイトを決定します。原油と金価格が下図のように推移している場合、原油においては下落基調で過去と比較しても十分低い状態(割安)と判断し、ウェイトを引き上げます。逆に金においては、上昇が続いており過去と比較しても高い状態(割高)と判断しウェイトを引き下げます。



3. 経験ある運用者とそれを支える運用プラットフォーム

DWSのオルタナティブ運用プラットフォームは1,079億米ドルのオルタナティブ関連の資産残高を有し、380名を超える投資プロフェッショナルがグローバルで活躍しています。

その中で、本投資対象ファンドの運用は、10年超の運用経験を有するコモディティ投資のスペシャリストが担当しています。欧州、米国を中心に配置された数多くの投資プロフェッショナル、また個人だけでなく機関投資家といった多岐にわたるお客様に投資サービスを提供してきた長年の経験が投資ファンドの運用を支えます。



Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】