2015年12月21日

「What’s リアル・アセット?
第3回 他の資産とはどう違うの?
~インフラ投資のパフォーマンス特性~」

ニッキン投信情報 2015年12月7日号掲載
【執筆】 ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社

 インフラストラクチャー(以下インフラ)への投資には、主に上場インフラと非上場インフラという選択肢があります。上場インフラは流動性の高さが特徴の一つです。一方、非上場インフラは他の主要資産クラスとの相関が低く、ポートフォリオの分散化を可能にします。インフラは他の資産クラスと共通する特徴を有しながら、独自の特徴も併せ持つユニークな資産です。

 インフラ投資の特性について、まずは不動産との比較を見てみましょう。不動産と同様、インフラは実物資産であり、インフレと連動するキャッシュフローを生み出すことができます。違いとしては、インフラ資産の準独占的な性質や規制環境があります。これらの要因は市場リスクやボラティリティからリターンを保護し、景気循環の影響の低減につながります。

 債券との比較では、継続的かつ長期的なキャッシュフローが共通する特徴と考えられます。一方で、債券ほど直接的な金利リスクへのエクスポージャーがない点が違いといえます。

 プライベート・エクイティとの比較では、キャピタル・ゲインにつながり得る経営改善の余地が共通点として挙げられます。その中でインフラは市場リスクや景気循環の影響を相対的に受けにくく、通常は投資期間が長いほか、売却によって実現されるキャピタル・ゲインよりもインカム(収入)に重点を置いた投資対象であるという違いがあります。

 インフラ資産の中でのパフォーマンス特性をみる時、規制の度合いが一つの指標となります。完全に規制された資産は、相対的に低いリスク特性を有します。社会インフラ、規制されたネットワークやパイプライン、補助金付きの再生可能エネルギーがこのカテゴリーに含まれるでしょう。有料道路、空港は、ある程度景気循環の影響を受ける傾向にあります。料金体系などが契約によってある程度決まっているため、事業の安定性が期待されるものの、完全に規制された資産と比べるとボラティリティ・リスクの影響を受けやすいといえます。商用発電プロジェクトはキャッシュフローが完全に市場に左右され、景気循環の影響を受けやすいことから、より高いリスク特性を持つと考えられます。

 最後に、インフラ投資の過去のパフォーマンスを具体的に見てみましょう。グラフが示すように、インフラは他の資産と比較して相対的に安定したリターンを提供してきました。中でも非上場インフラはシャープ・レシオが高く、単位リスク当たりのリターンが高いことがわかります。こうした特性が、投資対象としてインフラが注目を集める理由の一つといえるでしょう。



出所:IPD、ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント、2015年4月
上場株式はMSCIワールド・インデックス(現地通貨建)、上場インフラはDJブルックフィールド・グローバル・インフラストラクチャー・インデックス(米ドル建)、非上場インフラはIPDグローバル・インフラストラクチャー・ダイレクト・アセット・インデックス(現地通貨建)、グローバル債券はバークレイズ・グローバル・アグリゲート・ボンド・インデックス(米ドル建)

    上記メディア寄稿文は日本金融通信社の承諾を得て記事を転載したものです。コピー等はご遠慮ください。

    当資料は、情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品の推奨や投資勧誘を目的としたものではありません。当資料は、信頼できる情報をもとにドイチェ・アセット・マネジメント株式会社が提供しておりますが、正確性・完全性についてドイチェ・アセット・マネジメント株式会社が責任を負うものではありません。当資料記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。市場や経済に関するデータや過去の運用実績は記載時点のものであり、将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。

    D-151118-1

ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメントのご紹介

    ドイツ銀行グループの資産運用部門は、リアル・アセット運用における世界有数の実績を誇ります。
    インフラストラクチャー関連証券及び不動産投資の豊富な経験を有するスペシャリストが、北米、欧州、オーストラリア、アジアをカバーし、調査、運用、運用助言等を行っています。

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】