このページを評価する

2020年5月

原題:TIME TO GET A GRIP ON ASSET ALLOCATION


レポートの要約



ポートフォリオを構築する上で、資産の配分は重要です。

1950年代に、マーコウィッツにより現代ポートフォリオ理論が確立され、平均分散アプローチに基づいて「効率的フロンティア」上に位置するポートフォリオを構築すれば、リスク1単位あたりのリターンを最適化できると示されました。しかし実際には、平均分散アプローチによるリターンは原始的な資産配分(例:全資産への均等配分)を下回ることがあるという問題を抱えています。これは平均分散アプローチが、パラメータの変化に対し不安定であることが理由として考えられます。

DWSはこうした問題を改善するためにGRIPを活用しており、以下の特長を持ちます 。

-GRIPは「Group Risk in Portfolios」の頭文字であり、最先端のポートフォリオ構築プロセスです。

-GRIPは従来のアセットアロケーションのように個別の資産クラスではなく、資産クラス群や戦略群のポートフォリオ全体に対するリスク貢献度に着目しています。

-この独自のアプローチにより、極端なウェイトやリスク配分が減り、相関のないエクスポージャーが増え、真に分散されたポートフォリオの配分が可能となります。

-また、GRIPは柔軟に活用できるので、リスクプロファイルや地域・通貨の配分方針に関する一貫性を保ちながら、個々の投資家のニーズや目標を満たすようにカスタマイズが可能です。

-GRIPは、資産クラス間の配分だけでなく、リスクファクター間の配分、タクティカルな投資判断、スマートベータ間の配分にも適用することが可能であり、戦略的なマルチアセット・ポートフォリオの構築に全く新しい視点をもたらします。


実際に、2011年9月から2017年9月のデータを用いてGRIP、平均分散アプローチ、そしてリスクパリティ・アプローチによるマルチアセット・ポートフォリオのリスク調整後リターンの比較を行ったところ、GRIPのパフォーマンスは他の2つを上回っていました。また、資産配分を比較すると、GRIPによるポートフォリオの方が安定的であることが分かりました。

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】