このページを評価する

2022年9月

#1 市場とマクロ経済

アクティブ運用に脚光

夏の株価上昇は長続きしませんでした。

「しばらくの間、株式市場は非常に力強く上昇しました。少なくとも今後12カ月間で予想される極めて難しい環境を考えると、この株価上昇はかなり楽観的なものでした。市場は2023年にも中央銀行が利上げの方向性を転換し、再度利下げを開始することを織り込んでいますが、我々はその可能性はかなり低いと見ています」とDWSのチーフ・インベストメント・オフィサーであるステファン・クロイツカンプは述べています。

インフレは横ばいで推移すると見込まれますが、依然として高い水準にとどまるでしょう。我々は2023年の経済成長予想をほぼ全地域について再び下方修正せざるを得なくなりました。

株式のリターンが一桁台前半を上回ることはないでしょう。アクティブ運用や銘柄選択が指数連動型よりも大幅に有望になるでしょう。クロイツカンプは次のように指摘しています。「我々は新しい現実に直面しています。資本の保全が今の時代の必然になる、ということです。この目標を達成するために、依然として株式投資が最善の手段になるでしょう」。




さらに詳細な内容と、下記資産クラスの足元の投資環境と今後の見通しにつきましては、こちらよりレポート全文(PDF)をご覧ください。


#2 株式: 大幅に低いリターン予測にもかかわらず代替はほとんどない

#3 債券: 新興国のハイ・イールド債券に良好な投資機会

#4 通貨(ユーロ/米ドル):

ユーロは当面の間弱さが続く - 中期的には上昇が見込まれる

#5 オルタナティブ資産(金):

安全な避難場所として金にはさらなる需要がある



>DWS Market outlookのトップへ戻る

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】