このページを評価する

2022年7月

#1 市場とマクロ経済

非常に難しい市場環境が続く予想

高インフレ、景気後退の足音、そして終わりの見えないロシアによるウクライナ侵攻といった状況の板挟みにより、2022年上半期は株式市場も債券市場も大荒れになりました。

「インフレと利上げサイクルがいつ終わるのか明確にならない限り、短期間での状況の好転は見込めません」と、DWSのチーフ・インベストメント・オフィサーであるステファン・クロイツカンプは述べています。

「経済成長は引き続き圧力にさらされると見込まれます。この点が企業収益の推移に影響を与えることになるでしょう」とクロイツカンプは警告を発しています。「我々は2023年の欧州と米国の経済成長予想を若干下方修正し、株式市場の株価目標も5~10%下方修正しました」 。

企業収益の低迷と債券市場の利回り上昇を受けて、株式には難しい環境になっています。ロシア産エネルギーへの依存が高いため、現在、特に欧州においてリスクが高まっています。それに伴って、米国株式に対する欧州株式のバリュエーションの割安感も高まっています。




さらに詳細な内容と、下記資産クラスの足元の投資環境と今後の見通しにつきましては、こちらよりレポート全文(PDF)をご覧ください。


#2 株式: 低いバリュエーションは見せかけだけの可能性がある

#3 債券: 選別すれば社債に投資機会

#4 通貨(ユーロ/米ドル):

ユーロは圧力にさらされている - 欧米債券の利回り差が足かせ

#5 オルタナティブ資産(金):

ポートフォリオの分散として理に適っている



>DWS Market outlookのトップへ戻る

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】