このページを評価する

2022年4月

#1 市場とマクロ経済

市場への重圧が続く

ロシアによるウクライナ侵攻によって引き起こされた人道的な悲劇はまだ終わっていません。近い将来に停戦が実現したとしても、世界はこれまでと同じにはならないでしょう。

「ロシアだけではなく中国も含め、西側諸国との間にある溝がおそらく深まるでしょう。自給自足経済への傾向が高まっています。そこに向かうプロセスは決して平坦なものではなく、大きなコストを伴うのは間違いないでしょう」と、DWSのチーフ・インベストメント・オフィサーであるステファン・クロイツカンプは総括しています。

株式市場は最初の衝撃を比較的うまく吸収しました。しかし、今後はおそらく難しくなっていくでしょう。多くの企業は物価上昇によるコスト増を価格に転嫁できなくなるでしょう。

「企業収益予測が今後数週間のうちに下方修正されると予想しています」と、クロイツカンプは述べています。欧州では、この修正はかなり大幅なものになるでしょう。ユーロ圏の株式は既に米国株式に比べると史上最大の割引幅で取引されています。




さらに詳細な内容と、下記資産クラスの足元の投資環境と今後の見通しにつきましては、こちらよりレポート全文(PDF)をご覧ください。


#2 株式: アジア新興国市場に回復余地
#3 債券: ユーロ・ハイ・イールド社債が明らかに再び魅力的に
#4 通貨(ユーロ/米ドル): 

ユーロは当面の間圧力を受け続けるだろう

#5 オルタナティブ資産(不動産/インフラ投資):

インフレ率が高い時期に評価される投資先



>DWS Market outlookのトップへ戻る

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】