このページを評価する

2022年3月

#1 市場とマクロ経済

不確実性が極めて高いことから市場が再評価される

2月24日以降、世界は激変しました。以前と変わらないことなど何もないようです。

「プーチン大統領によるウクライナへの侵略戦争は人々に対して多大な苦しみをもたらしているだけではありません。この侵略は、少し前までは想像すらできなかったような前代未聞の経済的な混乱やそれに伴う資本市場の再評価を引き起こしています」とDWSのチーフ・インベストメント・オフィサーであるステファン・クロイツカンプは述べています。

このような動向を背景に、我々は目標株価を修正しましたが、一方で、現在の見通しがすぐにも時代遅れになってしまう可能性があることも認識しています。この衝突が今後どのように進むかについては全く予測できません。市場の持ち直しを逃す可能性も、市場がさらなる調整局面に入る可能性も、同じように高いと言えます。

ただし、ウクライナ情勢の急激な展開だけが市場にとっての懸念材料ではありません。経済成長に対するリスクが高まっている中で、中央銀行は急激に上昇しているインフレ率やインフレ期待にどのように対応していくのでしょうか?

「このような逆境にもかかわらず、依然として我々が中長期的に選好する資産クラスはやはり株式です」とクロイツカンプは付け加えています。




さらに詳細な内容と、下記資産クラスの足元の投資環境と今後の見通しにつきましては、こちらよりレポート全文(PDF)をご覧ください。


#2 株式: 高配当株式の魅力が高まっている
#3 マルチアセット / 債券: 長期的には株式を選好 - 金が均衡を取る
#4 通貨(ユーロ/米ドル): ユーロは長期的な下落を経て上昇する見込み
#5 オルタナティブ資産(金): 地政学的な不確実性が続く限り、金が恩恵を受ける

>DWS Market outlookのトップへ戻る

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】