このページを評価する

2021年11月

#1 市場とマクロ経済

「上昇基調は引き続き底堅い」

スタグフレーションというキャッチフレーズに示されるように、9月の市場は、投資機会よりもリスクに焦点があたり、パフォーマンスが交錯しました。その後、株式市場は勢いを取り戻して最高値を更新しました。

「実体経済は底堅い上昇基調にありますが、一時的に減速に見舞われています」、DWSのチーフ・インベストメント・オフィサーであるステファン・クロイツカンプはこのように述べています。供給側の混乱によって消費と投資支出が減退していることは否定できません。しかし、これは一時的な反動であって今後1年で取り戻せるものだとクロイツカンプは見ています。「その結果、現在非常に高い水準にあるインフレ率が来年後半には大幅に低下することになるでしょう」と、クロイツカンプは予測しています。

短期的には、中国の経済動向が引き続き不確実要素です。現時点では、国家による規制の締め付けが成長率に及ぼす影響について評価を下すのは難しいでしょう。しかし、2022年に5%の経済成長率を達成するのは現実的であると言えるでしょう。中国の株式市場に対する投資家心理は来年には改善する可能性があります。




さらに詳細な内容と、下記資産クラスの足元の投資環境と今後の見通しにつきましては、こちらよりレポート全文(PDF)をご覧ください。

#2 株式: 日本の株式市場に巻き返しの余地
#3 債券: 新興国ソブリン債を依然として選好
#4 通貨(ユーロ/米ドル): 2022年にユーロが再び米ドルに追いつく見込み
#5 オルタナティブ資産(天然資源):原油価格の上昇はこのペースでは続かないだろう

>DWS Market outlookのトップへ戻る

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】