このページを評価する

2021年3月

#1 市場とマクロ経済

市場は経済回復への期待と金利上昇の不安に揺れている

金利はどこまで上昇するのでしょうか?この数週間、市場では金利動向に神経質な状態が続き、不透明感が広まっています。景気回復に対する見通しが要因で上昇したのは金利だけではありません。コモディティ価格も急上昇しました。

バイデン米大統領による1.9兆米ドルにおよぶ景気刺激策により、このトレンドに一段と拍車がかかっています。この経済対策によって米国のインフレ期待や実質金利が一段と押し上げられることを不安視する市場参加者もいます。このような大規模な対策がなくても米国経済が急速に回復するというさまざまな兆候があるため、特にそのように感じられるのです。

しかしDWSの債券市場と株式市場の見通しは、インフレと国債利回りの上昇が一時的なものであり、低金利環境が継続するという前提に立っています。そのため、株式、社債、アジア債券と一部の不動産市場の状況は、依然として前向きです。





さらに詳細な内容と、下記資産クラスの足元の投資環境と今後の見通しにつきましては、こちらよりレポート全文(PDF)をご覧ください。

#2 株式: アジア新興国株式が最も有望
#3 債券: 中期的には金利は低い水準にとどまる
#4 通貨(ユーロ/米ドル): あらゆる兆候が米ドルの回復を示唆
#5 オルタナティブ投資(金): 金利上昇と米ドル上昇により魅力が若干低下

>DWS Market outlookのトップへ戻る

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】