このページを評価する

2021年2月

#1 市場とマクロ経済

株式と社債への需要は続くと予測

リスク資産の価値は適正な水準なのでしょうか、それとも、また今にも弾けそうなバブルが膨らんでいるのでしょうか?

このような考えがより多くの投資家を不安にさせます。歴史的に見るとバリュエーションは確かに高い水準にあります。しかし、少なくとも短期的にはこれが株価の下落を招く十分な理由にはなりません。株式や社債といったリスク資産は引き続き高い流動性に下支えされるでしょう。

しかし、金利が長期的に上昇し始めると、この状況は急激に変化しバリュエーションが大きく問い直されることがあり得ます。国際通貨基金(IMF)も最近この点を論じています。しかし現時点では、経済回復の勢いが増し、企業が持続的に収益性を高められるという証拠が十分に出揃っています。よってDWSでは、主要リスクとして新型コロナを念頭に起きつつ、金利が根本的に変化しない限りは引き続き株式市場のパフォーマンスに対して慎重ながらも楽観的な見方を持っています。





さらに詳細な内容と、下記資産クラスの足元の投資環境と今後の見通しにつきましては、こちらよりレポート全文(PDF)をご覧ください。

#2 株式: 高い流動性と低金利が市場を下支え
#3 債券: 米国ハイ・イールド社債が依然として有望
#4 通貨(ユーロ/米ドル): 米国の高い経済成長率が米ドル上昇につながる
#5 オルタナティブ投資(原油): 経済回復が原油価格を下支えする

>DWS Market outlookのトップへ戻る

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】