このページを評価する

2020年11月

#1 市場とマクロ経済

大きな不透明感の中で、状況改善に向けた期待

「最終的な評価を下すには時期尚早です。投資家が米国の新政権の優先事項について知るようになるのは、2021年中ごろまでかかるかもしれません」、米国大統領選直後にDWSのチーフ・インベストメント・オフィサー、ステファン・クロイツカンプはこのように発言しました。

しかし、このような不透明感はあまり問題視されていないようです。米国大統領選にまつわる様々な喧伝にもかかわらず、経済や資本市場の今後の進展により大きな影響を与えるトピックは他にも多数存在しているのです。

さまざまなことが米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策と、コロナ禍の今後の進展に左右されます。ただし、新型コロナ流行の第2波がもたらす影響は第1波の時よりは小さいものにとどまるでしょう。様々な制限は、少なくとも当面はこの春ほど厳しくなく、企業の多くも対処方法を既に学んできました。



さらに詳細な内容と、下記資産クラスの足元の投資環境と今後の見通しにつきましては、こちらよりレポート全文(PDF)をご覧ください。

#2 株式: 企業業績が希望を生む
#3 債券: ハイ・イールド社債および新興国債券に注目
#4 通貨(ユーロ/米ドル): 米ドルが若干上昇する見通し
#5 オルタナティブ投資(金): 引き続き価格上昇の可能性も

>DWS Market outlookのトップへ戻る

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】