このページを評価する

2020年10月

#1 市場とマクロ経済

固唾を呑んで見守る

ドナルド・トランプかジョー・バイデンか?

金融市場は11月3日に予定されている米国大統領選挙やトランプ大統領の新型コロナウイルスへの感染のニュースに揺れています。今後数カ月間にわたり先物市場のボラティリティは2020年初頭の2倍になると予測されています。多くの市場は大幅な急落に見舞われたもののそれ以来回復してきており、コロナ禍以前の水準に戻っているか、場合によっては前の水準を上回っている市場もあります。米国大統領選に加えて、答えの見えない疑問が多くあることからも、2020年の秋は市場にとって注目のシーズンとなるでしょう。

米中のテクノロジーの主導権を巡る争いの行方はどうなるのでしょう? 新型コロナウイルスとの戦いはどの程度うまくいくのでしょうか? 新たな景気刺激策が米国経済の底上げには非常に重要ですが、大統領選前に成立するでしょうか?英国の欧州連合(EU)離脱が 「ノーディール・ブレグジット(合意なき離脱)」となった場合には、何が起きるのでしょうか?

現状の複雑さに鑑み、DWSでは短期的な株式市場の調整の可能性を捨てきれていません。しかし長期的には、投資家は株式を避けて通ることはできないでしょう。



さらに詳細な内容と、下記資産クラスの足元の投資環境と今後の見通しにつきましては、こちらよりレポート全文(PDF)をご覧ください。

#2 株式: 短期的にはリスクが高いものの、長期的には匹敵するものがない
#3 債券: 能動的な選択でチャンスが生まれる
#4 通貨(為替レート): ユーロは米ドルに対して若干弱含む見込み
#5 オルタナティブ投資(金): 金融政策と公的債務が需要を後押し

>DWS Market outlookのトップへ戻る

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】