ドイチェ・欧州リート・ファンド(毎月分配型)



足元の市場環境としては、二つのポイントが注目されます。まず一つ目のポイントは借入コストです。新規の借り入れコストは既存のものより極めて低水準となっており、借り換えや新規不動産の取得が利益増加につながります。

二つ目のポイントとして挙げられるのは、欧州リートが直面している構造的な変化です。米国リートは、不動産市場を苦境から脱却させる手段として制度の改正が行われ、1992年以降に市場が急拡大しました。同様の市場拡大が欧州でも起こると期待されています。

市場の拡大期待

・欧州にはリート制度を導入してまもない国や、リート制度の導入を検討している国もあり、欧州リート市場全体の時価総額等を押し上げることが期待されます。


・欧州では、リート制度の歴史はまだ浅い国が多く、銘柄数も米国と比べると多くありません。そのため、リート制度が発達していない国への投資は、リートと似た収益構造を持つ不動産関連株式を通じて行うことで、欧州不動産市場の幅広い投資機会を捉えることが可能となります。

データは記載時点のものであり、将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。





欧州リートの今後の市場拡大や投資機会を考えるうえで、米国リートにはないユニークなポイントがあります。当然のことながら、米国ではリート制度を定める法律は一つです。 欧州では、各国によってリート制度に若干の違いがあります。そして国内外の投資家を惹きつけようと、各国はリートの制度改正に取り組んでいます。これが欧州リートの魅力向上に寄与すると考えられます。

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】