ドイチェ・欧州リート・ファンド(毎月分配型)



欧州では景気回復により空室率の低下や賃料収入の上昇が見られます。その傾向は欧州周縁国で顕著であり、欧州全体での不動産市況の活性化が確認できます。

欧州不動産の投資環境

不動産物件の供給は引き続き低く抑えられていることから、多くの都市で空室率は低下しており、プラスの賃料成長が見込まれています。

 

データは記載時点のものであり、将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。





景気回復に伴って物件に対する需要が高まる中で、新規物件の供給が限られて競争が少ない環境であれば、賃料は上昇しやすくなります。そして、不動産物件の開発には時間がかかることもポイントです。需要を満たすために建築を始めようとしても、そのためにはまず土地を取得し、建設プロジェクトを企画し、開発許可の取得など法的要件を満たす必要があります。目に見える形となるまでには5年程度かかることが多く、その間は供給が限られます。

欧州のオフィス在庫に対する純供給量の比率は、今後も緩やかな伸びに留まると予測されています。欧州の景気回復基調が継続する中、不動産供給量が抑えられていることは、個々の物件の収益性を高めることにつながり、結果、欧州リート市場の価値向上につながることが期待されます。



Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】