ニュース詳細

2022年5月10日

【お知らせ】DWS ロシア・ルーブル債券投信(毎月分配型)/(年2回決算型)の マザーファンドの主要投資対象の評価変更ならびに基準価額の下落について

お知らせ(PDF)のダウンロードはこちら

投資家の皆さまへ

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、弊社が設定・運用するDWS ロシア・ルーブル債券投信(毎月分配型)/(年2回決算型)(以下「当ファンド」といいます。)のマザーファンドの主要投資対象「DWS ロシア・ボンド・ファンド」の評価を、2022年5月9日時点の当ファンドの基準価額より変更いたしました旨、ご報告申し上げます。

当ファンドの基準価額の算出には、前営業日のDWS ロシア・ボンド・ファンドの基準価額を使用しますが、ロシアの債券市場について、妥当性のある個別債券の時価評価が出来ないこと等から、DWS ロシア・ボンド・ファンドは2022年2月25日を最後に基準価額の発表を停止しています。このため、2022年3月1日以降、当ファンドの基準価額には2022年2月25日時点のDWS ロシア・ボンド・ファンドの基準価額を使用し、ロシア債券市場の価格変動が反映されない状況が続いていました。

しかし、ロシアの債券市場が平常の状態に戻る目処は立っておらず、DWS ロシア・ボンド・ファンドの基準価額の発表再開時期も未定であること等を受け、当ファンドの監査法人、ならびにDWS ロシア・ボンド・ファンドの管理会社と協議し、DWS ロシア・ボンド・ファンドの評価を当ファンドの2022年5月9日時点の基準価額算出時より、管理会社が実態に即して算出した水準に変更いたしました。

その結果、2022年5月9日時点の当ファンドの基準価額は、毎月分配型で前営業日比-2,866円(-90.4%)、年2回決算型で前営業日比-9,061円(-90.4%)と大幅に下落しました。



詳細については下記ご参照下さい。
投資家の皆さまには、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解、ご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。

敬具




<当ファンドの主な基準価額変動要因について>
当ファンドの基準価額は主に①ロシア債券市場の評価(「DWSロシア・ボンド・ファンド」の基準価額の評価)と②ルーブル/円の為替変動により変動します。



<5月9日以降の当ファンドの基準価額について>
① ロシア債券市場の評価(「DWSロシア・ボンド・ファンド」の基準価額の評価)について
管理会社が実態に即して算出した水準に変更しました。

当ファンドのマザーファンドの主な投資対象であるルクセンブルグ籍外国投資信託「DWSロシア・ボンド・ファンド」は、主にその基準価額発表当日のロシア債券市場の変動の影響を受けますが、2022年2月25日を最後に基準価額の発表を停止しています。

これはロシアに対する制裁の影響から、DWSロシア・ボンド・ファンドが主要投資対象としているロシアの債券市場では非居住者による取引・決済が困難な状況が継続しており、妥当性のある個別債券の時価評価が出来ないこと等から、管理会社が判断したものです。

当ファンドの基準価額の算出には前営業日のDWS ロシア・ボンド・ファンドの基準価額を使用します。このため、当ファンドの2022年3月1日以降の基準価額は、DWSロシア・ボンド・ファンドの2022年2月25日の基準価額を採用していました。つまり、当ファンドの基準価額にはロシア債券市場の価格変動が反映されない状況が約2カ月続いていたことになります。

しかし、ロシアの債券市場が平常の状態に戻る目処は立っておらず、DWS ロシア・ボンド・ファンドの基準価額の発表再開時期は未定です。この状況を受け、当ファンドの監査法人や、DWS ロシア・ボンド・ファンドの管理会社と協議の結果、当ファンドの2022年5月9日時点の基準価額算出時よりDWS ロシア・ボンド・ファンドについて、管理会社が実態に即して算出した水準に変更いたしました。

具体的には、2022年4月22日時点で評価を行い、ロシア・ルーブル建のロシア国債等は実質ゼロ評価としました。また、ロシア・ルーブル以外の通貨建の債券については管理会社により2022年4月22日の水準で評価しています。

なお、当面は DWS ロシア・ボンド・ファンドについて当該評価を継続する予定です。

今後、管理会社が評価を更新し、実質ゼロ評価とする銘柄が増加することも想定されます。それにより、当ファンドの基準価額にマイナスの影響を及ぼす可能性があります。

➁ルーブル/円の為替変動について
当ファンドの基準価額変動要因に反映されております。

当ファンドの基準価額算出時には「DWSロシア・ボンド・ファンド」を基準価額算出日当日の三菱UFJ銀行公表の対顧客外国為替相場(仲値)を用いて円換算(ルーブル/円)するため、当ファンドの基準価額はルーブル/円の為替変動の影響を受けます。

「DWSロシア・ボンド・ファンド」の円換算については、これまでも通常通り実施しているため、「DWSロシア・ボンド・ファンド」の基準価額発表再開までは、ルーブル/円の為替変動が当ファンドの基準価額の主な変動要因となります。

以上

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】