ニュース詳細

2021年3月15日

【ニュースリリース】未来貯金の確定拠出年金サポートサービス「みらいナビ」にDWSのWISEを搭載~究極のシンプルさで投資行動の変化を促す~

ニュースリリース(PDF)のダウンロードはこちら

  • 未来貯金株式会社およびドイチェ・アセット・マネジメント株式会社は、3月15日より、「みらいナビ」にDWS※1が提供する「WISE(ワイズ)」を搭載することを発表しました。
  • 「みらいナビ」は、企業型確定拠出年金(以下、企業型DC)導入企業と制度加入者(従業員)の双方をサポートするための情報提供アプリです。導入企業数は500社に迫る実績があります。
  • 「WISE」は、DWSが世界で提供する投資アドバイスのオンラインツールです。日本における導入は本件が初めてとなります。


<元本確保偏重に変革を起こし、豊かな老後のための資産形成に貢献>

2020年12月にドイチェAMは「企業型DC加入者意識調査」を実施しました。2021年は日本で確定拠出年金制度が導入されて20周年を迎える節目の年ですが、企業型DC加入者の5割以上の資金は元本確保型にとどまっており※2、資産形成が進んでいるとは言えません。未来貯金とドイチェAMは、以下の調査結果に現れているような加入者の悩みや不安に寄り添い、長期的な資産形成に貢献するというビジョンを共有し、今回のサービス開始を決定しました。
  • 資産アロケーションを自分で決めることに対して(単一回答)
    「自信がある」:20%、「まったく自信がない」:37%、「不安に感じることもあるので客観的なアドバイスがほしい」:42%
  • 長期的な資産形成をする上で難しいと感じる点(複数回答)
    「値下がりが怖い」、「商品が多すぎて何を選んだらよいかわからない」が上位に
  • 企業型確定拠出年金の加入者専用ページついて(単一回答)
    アクセスしたことがない:62%、アクセスしたことがある:37%

<2つの質問のみで具体的な商品の組み合わせを提案>

「みらいナビ」に搭載されるWISEでは、加入者が答える質問は2つのみです。1つ目は推奨投資プランの適用を今後の掛け金のみにするかどうか(またはこれまでの積立資産にも適用するか)、2つ目は希望の運用方針(安定型、成長型、積極型)です。この2つ目の運用方針(リスク許容度)と、加入者の年齢から 計算される投資年限によって、推奨投資プランから最適な商品の組み合わせが「みらいナビ」上で提示されます。なお、年齢や掛け金、積立資産については、みらいナビからWISEへ連携され、改めて加入者が入力・回答する必要はありません。

推奨投資プランの核となるのはDWSのチーフ・インベストメント・オフィスがリスク許容度に応じて導き出した資産アロケーションモデルです。このモデルに基づき、加入者のDCプランに含まれるパッシブ型投資信託の中から信託報酬が低いものが優先的に選択されるよう、ドイチェAMの運用部が運営管理機関ごとの商品ラインアップの中でマッチングを行います。DC加入者は推奨投資プランを確認した上で、拠出配分の変更や資産の預け替えといった運用の指図を行うことができます。

<中立性と専門性を追求>

未来貯金は金融グループに所属しないFintech企業であり、金融商品の販売は行いません。ドイチェAMは資産運用会社ですが、DC向けのパッシブ型投資信託は設定しておらず、WISEで推奨される商品にドイチェAMのファンドはありません。今回のサービスは、両社が中立的な立場で企業型DC加入者の行動変革をサポートし、年金問題および日本の投資家の長期的な資産形成に資することを目指してスタートするものです。なお、「みらいナビ」導入企業の加入者は無料でWISEを利用頂けます。

またDWSのWISEは一般的なロボアドとは一線を画します。推奨プランの元となる資産アロケーションモデルを策定するのは、世界で約100兆円の資産を運用し、アクティブ、パッシブ、オルタナティブ運用における長年の実績を誇るDWSの専門家たちです。そのため、WISEは人間の専門知識と効率的で使いやすいデジタルプロセスの両方の利点を享受できるユニークなプラットフォームとなっています。


D-210302-3



関連リンク

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】