ニュース詳細

2017年12月5日

【プレスリリース】ドイチェ・アセット・マネジメントはDWSを世界共通ブランドに採用

プレスリリース(PDF)のダウンロードはこちら


ドイチェ・アセット・マネジメントはDWSを世界共通ブランドに採用

・新たな世界ブランドDWSは、ドイチェ・アセット・マネジメントの基盤を発展させるものであり、 安定性、優れた運用実績と、長期にわたる価値の提供を表しています。
・今後の成長戦略を支えるために、経験豊富な経営チームと企業統治体制が確立されました。

ドイチェ・アセット・マネジメント(以下、「ドイチェAM」)は本日、DWSを新たな世界ブランドに採用することを発表しました。さらに、資産運用事業単独の新たな経営チームと企業統治体制が確立されたことも発表しました。

資産運用事業を一つの強力なブランドDWSの下に統合

すべての資産運用事業が一つの強力な世界ブランドの下に統合されます。これにより、世界共通ブランドとしてDWSが、機関投資家および個人のお客様に対して、アクティブ、パッシブからオルタナティブに至る全ての運用戦略において使用されることになります。DWSはまさに多様な運用力およびグローバルな事業展開を表すブランドとなります。

ドイチェAMのグローバル責任者であるニコラ・モローは、次のように述べています。「新たな世界ブランドDWSは、ドイツ国内における基盤を発展させるものです。DWSは60年を超える歴史を有しており、資産運用業界において世界的に存在感を示しています。またDWSは、安定性や優れた運用実績のイメージを有するほか、卓越、起業家精神、持続可能な成長や誠実さという私どもが長年にわたり拠り所としてきた価値観を示しています。今後のさらなる成功を目指すうえでも、これらの価値観は当社の中心にあり続けます」

新たなブランド名に加えて、ブランドの活力に満ちた、前向きな思考のアイデンティティーを表す新たなロゴも使用されます。法人設立に伴う組織の名称および共通世界ブランドの採用に伴う商品ラインの名称の変更はすべて、2018年度中に完了を予定しています。運用プロダクトのブランドとして高い認知を得ているETFの Xtrackersおよび不動産・インフラ投資のRREEFの名称は、新たな世界ブランドに強く結びつきつつも、これまでどおり使用されます。

戦略を支える企業統治体制

今後、ドイチェAMは有限株式合資会社(GmbH & Co. KGaA )の会社形態の下で事業運営されます。このような会社形態を取ることで、ドイチェAMは成長を追求する上で、事業運営の自主性を確保できるとともに、ドイツ銀行は規制要件を満たすよう監督を継続することが可能となります。有限株式合資会社は2018年度第1四半期中に設立される予定です。

ニコラ・モローは、次のように述べています。「成長を後押しするために、ドイチェAMの可能性を最大限引き出していく所存です。法人設立は、ドイツ銀行のドイチェAMに対する長期にわたるコミットメントを表しているとともに、成長戦略を促すために、ドイチェAMに事業運営の自主性を与えることを意味しています」

ドイツ銀行のチーフ・アドミニストラティブ・オフィサーのカール・フォン・ローアが、有限株式合資会社となるドイチェAMの監査役会会長に就任します。監査役会は、独立したメンバー、その他の株主代表、従業員代表で構成されます。正式メンバーは後日に決定される予定です。

経験豊富で安定した経営陣

指名された経営陣は、株式合資会社のジェネラルパートナーを務めるドイチェAMマネジメントGmbHの業務執行取締役として、2018年度第1四半期に職務に就く予定です。経営陣の業界経験は平均23年で、ドイチェAMまたはドイツ銀行グループでの平均勤続は14年に及びます。

取締役には、ニコラ・モロー(チーフ・エグゼクティブ・オフィサー兼取締役会会長)、クレア・ピール(チーフ・ファイナンス・オフィサー)、ジョン・エイルベック(チーフ・オペレーティング・オフィサー)、ニコラ・フォン・ティッペルスキルヒ(チーフ・コントロール・オフィサー)、ステファン・クロイツカンプ(チーフ・インベストメント・オフィサー兼運用部門共同責任者)、ピエール・チェルキ(運用部門共同責任者)、ボブ・ケンドール(グローバル・カバレッジ・グループ共同責任者)、トーステン・ミヒャリック(グローバル・カバレッジ・グループ共同責任者)が指名されました。チーフ・エグゼクティブ・オフィサーを含む経営陣の半数はフランクフルトを拠点にします。

法務、コンプライアンス、リスク、ガバナンスおよび法人組織の管理の職責チーフ・コントロール・オフィサーのニコラ・フォン・ティッペルスキルヒが担います。ニコラ・フォン・ティッペルスキルヒはドイツ銀行に18年在籍し、数々の要職を歴任してきました。直近では事故分析調査コントロール部門のグローバル責任者を務めています。



本文書は、12月5 日(火)の日本時間18時にドイチェ・アセット・マネジメントが発行したリリース(英文)を ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社が翻訳したものです。本文書は、オリジナル英語文書“Deutsche Asset Management to use DWS as global umbrella brand” の日本語参考訳として作成されています。日本語の参考訳とオリジナルの英語文書に齟齬がある場合は、英語文書の内容を優先します。 英語版も合わせてご確認ください。

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】